トップページ > 下野市内の中学校 > 石橋中学校 > 学校概要 > 学校教育目標

学校教育目標

1.学校教育目標・目指す子ども像・校訓

学校教育目標

目指す子ども像(石橋中学校区)

◎創造性豊かな生徒(知)

◎心豊かな生徒(徳)

◎社会に貢献できる生徒(体)

○自ら学び、主体的に自己表現できる子

○周囲のことを考えて、行動できる子

○心身ともにたくましく 挑戦できる子

校 訓

より聡く より美しく より逞しく

     

2.めざす生徒像

創造性豊かな生徒(知)

心豊かな生徒(徳)

社会に貢献できる生徒(体)

・基礎的な知識と技能が身 についた生徒。

・課題を持って自ら取り組 む生徒。

・相手の意見をよく聴き、 自分の考えを深めること ができる生徒。

・基本的な生活習慣が身に ついた生徒。

・思いやりの心を持ち、仲 間や周りの人を大切にす る生徒。

・感受性豊かな生徒

 

・安全で健康な生活がおく

 れる生徒。

・目標を持ち粘り強く頑張

 る生徒。

・地域と関わり誰とでもコ

 ミュニケーションできる

 生徒。

 

3.目指す学校像

  「生徒も先生も自ら輝く学校」

   〜「明るい学校」「温かい学校」「安心安全な学校」〜

 

.ビジョン

                                                    

『未来を、たくましく生き抜ける生徒』の育成

(1)諦めずにやり抜ける生徒

(2)自分の持てる力を発揮できる生徒

(3)努力を惜しまない生徒

 

○学校経営方針

 

  恵まれた教育環境のもと、教育の原点「教え、育てる」ことを大切にし、同僚性を根底とした教職員の資質・能力の向上を図りながら、地域の学校という認識を持ち、全教育活動において家庭はもとより、小・中、地域社会、関係諸機関等とのつながりを意識して、学校教育目標の実現に努める。

 

 

.本年度の努力点と具体策

 

(1)学習指導の充実

 

 

 

 

・基礎・基本を重視した「分かる授業」の展開

・学び合う楽しさを実感する授業の実践

・自律的な学習習慣〔自主学習〕の確立

 ○パワーアップノート、学習プリントコーナーの活用

 

 

(2)心の教育の充実

【石橋中学校区研究課題】    

 

 

・基本的な生活習慣と規範意識の育成

・道徳教育の充実

・自己有用感の育成といじめ・不登校の未然防止

 

 

(3)安心・安全な学校づくり

 

 

 

 

 

・安全教育の充実

 ○年2回の安全教室の実施

・危機管理の徹底と生徒への啓発

・SNS等による事故防止

 ○「4つの大丈夫」の活用

 

 

(4)地域とともにある学校づくり

 

 

 

 

 

 

・地域行事へ積極的に参加協力

 ○グリムイルミネーション、御輿・夏祭りへの参加

・地域の教育力の活用

 ○授業への協力依頼、学習支援

・学校運営協議会を生かした地域との連携