トップページ > 教育研究所 > 小中一貫教育 > 下野市の小中一貫教育

下野市の小中一貫教育

下野市の小中一貫教育

下野市では平成31年度から、市内全校において小中一貫教育を本格実施します。

 下野市では平20年度から、小・中学校のスムーズな接続に重点を置いて、小中連携教育を推進して参りました。これまでの実践をもとに、平成31年4月より、市内の4中学校区すべてにおいて、小中一貫教育を本格実施すべく、現在準備を進めております。

(下野市のこれまでの実践内容については、下のファイルを御覧ください。)
→(H20〜H22までのまとめ
→(H23〜H25までのまとめ
→(H26〜H27までのまとめ

 
 平成28年度から、4つの中学校区の特徴を生かしながら、子ども未来プロジェクトの取組を中心として、児童生徒の交流、教職員の交流をはじめ、合同での学校行事の開催など、現在の枠組みの中で行える小中一貫の取組を行っております。
→(下野市の進める小中一貫教育の概要

 また、下野市の小中一貫教育を推進する中で、南河内中学校区においては「義務教育学校」の設立、国分寺中学校区においては、下野市学校適正配置基本計画に基づき「国分寺小学校と国分寺西小学校の再編」を進めております。
→(南河内中学校区における小中一貫教育推進について:下野市ホームページへリンク
 (国分寺小学校と国分寺西小学校の再編について:下野市ホームページへリンク)


<H30年10月13日 追加>
各中学校区の小中一貫教育全体構想を紹介します!
(文字をクリックすると詳しくご覧いただけます)
下野市の推進する小中一貫教育の概要図(H30年10月)shimotukeshi.png

minimikawachi.png◯南河内中学校区

nankani.png◯南河内第二中学校区


ishibashi.png◯石橋中学校区

       
kokubunji.png◯国分寺中学校区


*南河内中学校区小中一貫教育だより
(南河内中学校区で進めている、義務教育学校建設に向けての地域説明会等の内容を掲載しています。)

 南河内中学校区小中一貫教育だより